HOME>記事一覧>注意ポイントを押さえて良好な治療結果を得よう

目次

とても大切なこと

女性

優れた治療効果から小顔注射はリピーターが多く、大阪でも大人気のプチ整形です。しかし注射は単に打つだけでなく、治療部位の状態を加味して打つ量を調節したり、注入ポイントを緻密に割り出したりする必要があるため、治療先は安易に決定しないようにします。

治療先選びは慎重に

女性

そこで大阪で小顔注射を受ける場合は、筋肉構造といった解剖学にも精通し、治療症例を多く持つドクターを選び抜きましょう。治療内容がシンプルなプチ整形であるからこそ、医師の技術と経験が反映されるため、美容クリニックは慎重に選ぶ必要があるのです。

リピート注入を視野に入れるなら

小顔注射はプチ整形なので小さな顔が永久に続く訳ではありませんが、それでも数か月に1回治療を続ければ、それに似た効果も得られるとされています。しかし治療間隔が近いと体に抗体ができて逆効果になりますから、施術ペースは大阪の美容クリニックで相談して、ドクターの案内通りに受けましょう。

術後に気をつけたいこと

無事に大阪の美容クリニックで小顔注射を終えましたら、術後は薬を打った部分を強く刺激しないようにします。マッサージは控えるべき行為ですが、意外に気をつけねばならないのが顔を洗う時です。いつもの調子でエラの部分を強く擦り洗いしますと、薬が拡散して小顔効果が低下することがあります。さらにこのプチ整形を受けた後は、小顔効果が少しでも長続きするよう、できるだけアゴに力を入れないようにしてください。ですから大阪を代表する銘菓ではありますが、昔ながらの岩おこしなどを、好きやねん、と言ってバリバリ食べない方が良いでしょう。

広告募集中